マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページマンション管理士関係Q&A > マンション管理士 法定講習関係

 
マンション管理士試験   マンション管理士の登録・変更   マンション管理士の法定講習   マンション管理士証の発行   公告・公示・法令
 
  Q&A  
 
■マンション管理士 法定講習関係
 
Q1 マンション管理士は必ず法定講習を受講しなければならないのか。
A1  マンション管理士は、マンション管理適正化法41条の規定により、登録講習機関が国土交通省令で定めるところにより行う講習を5年ごとに受講する義務があります。
(参考)
● マンションの管理の適正化の推進に関する法律
  (講習)
  第41条 マンション管理士は、国土交通省令で定める期間ごとに、次条から第41条の4までの規定
  により、国土交通大臣の登録を受けた者(以下この節において「登録講習機関」という。)が国土交通
  省令で定めるところにより行う講習(以下この節において「講習」という。)を受けなければならない。


● マンションの管理の適正化の推進に関する法律施行規則
  (法第41条の国土交通省令で定める期間)
  第41条 法第41条の国土交通省令で定める期間は、5年とする。


Q2 法定講習を受講しなかったらどうなるのか。
A2  マンション管理士は、5年ごとに法定講習を必ず受講しなければなりません。受講しなかった場合、マンション管理士としての受講義務違反(41条違反)に該当します。
(参考)
● マンションの管理の適正化の推進に関する法律
(登録の取消し等)
第33条 (1項 略)
2  国土交通大臣は、マンション管理士が第40条から第42条までの規定に違反したときは、その登録を取り消し、又は期間を定めてマンション管理士の名称の使用の停止を命ずることができる。
Q&A TOPへ

Q3 法定講習は、いつまでに受講しなければならないのか。
    また、次回はいつまでに受講しなければならないのか。
A3   マンション管理士として登録を受けた日の5年後の応答日の属する年度末までに受講しなければなりません。
  したがって、平成24年度に登録を受けた方は、平成29年度中に実施される法定講習を受講する義務があります。
  例えば、平成25年2月15日(平成24年度)に登録された方は、平成29年度中に実施される法定講習を受講する必要
があります。
 
                        
Q&A TOPへ
Q4 平成29年度の法定講習の受講対象者は?
A4  平成29年度の法定講習の主な受講対象者は、次のとおりです。

 @ 平成24年度に登録された方は、今年度中に受講期限を迎えますので、平成29年度中に法定講習を受講する必要があります。

 A 平成24年度の法定講習(H25.1.8、H25.2.8及びH25.3.2)を受講された方は、受講されてから丸5年になりますので、平成29年度中に2回目又は3回目の法定講習を受講する必要があります。

 B 平成14年度から平成23年度に登録したが、まだ法定講習を受講していない方は、受講期限を過ぎていますので、必ず平成29年度中に法定講習を受講しなければなりません。受講しなかった場合、マンション管理士としての受講義務違反(41条違反)に該当します。

 C 平成18年度から平成23年度に法定講習を受講したが、その後まだ法定講習を受講していない方は、受講期限を過ぎていますので、必ず平成29年度中に法定講習を受講しなければなりません。受講しなかった場合、マンション管理士としての受講義務違反(41条違反)に該当します。
     
            

Q5 登録講習機関とは何か。
A5  「登録講習機関」とは、マンション管理適正化法第41条の2の規定に基づき国土交通大臣に登録の申請を行い、「登録講習機関」として登録を受けた者をいいます。
 現在、登録を受けている講習機関は、(公財)マンション管理センターです。(平成18年7月登録)

Q&A TOPへ
Q6 平成28年度の法定講習を受講できなかったために5年を経過してしまった。平成29年度に受講することはできるか。
A6  平成29年度に実施される法定講習をできるだけ早い機会に受講してください。平成29年度は、次の3回を実施する予定です。いずれかの日に受講してください。
 @平成30年1月16日(火)
 A平成30年2月20日(火)
 B平成30年3月10日(土)

 なお、マンション管理士は、5年ごとに法定講習を必ず受講しなければなりません。受講しなかった場合、マンション管理士としての受講義務違反(41条違反)に該当します。

Q&A TOPへ
Q7 住所等の登録事項の変更手続をしていない場合、受講申込みはどうすればよいか。
A7  住所等の登録事項に変更があったときは、マンション管理適正化法第32条の規定により、遅滞なく、その旨を届け出なければならないとされています。
 まず、指定登録機関((公財)マンション管理センター)に対して住所等の登録事項の変更手続を済ませてから受講の申込みを行ってください。(変更届出手続については こちら)
 ただし、変更手続中の方、あるいは手続を行うことができない等特段の事情がある方は、変更後の住所等で受講の申込みを行ってください。
 なお、「法定講習の受講申込み」は、外部の専用受付窓口で受け付けておりますが、「登録事項の変更手続」は、(公財)マンション管理センター内の試験研修部で受け付けております。「法定講習の受講申込み」と「登録事項の変更手続」は、別の受付窓口となりますので、それぞれの受付窓口に対して申請してください。
 ご不明の点については、次にお問い合わせください。
 ※(公財)マンション管理センター 試験研修部
 〔電話番号〕 03-3222-1578

Q8 受講案内書・受講申込書の入手方法等の詳細は?
A8  受講案内書・受講申込書は、平成29年11月17日に配布を開始しています。
 受講案内書・受講申込書の入手方法等の詳細については、こちら
 なおQ4に掲げる@〜Cに該当する受講対象者の方には、当センターから「受講案内書・受講申込書」を登録されている住所に郵送する予定しました。
 今年度の受講該当の方で「受講案内・申込書」が届いていない方は
 公益財団法人 マンション管理センター 試験研修部 TEL:03-3222-1578 までご連絡ください。

Q9 講習開催地はどこか。
A9  平成29年度は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及びその他の地域(計31会場)でで開催する予定です。
 講習会場は、こちら

Q&A TOPへ
Q10 申込みをしたが、取り止めたいので、受講料を返還してもらえるか。
A10  申込者が納付した受講料は,次の場合を除いて返還いたしません。
@当センターの責めに帰すべき事由により講習を受講できなかった場合
A天災等の理由により講習を受講できなかった場合
B受講申込書又は添付書類に不備があり、補正の余地がない場合
C申請者が受講資格を有しないと認められる場合
 なお、払込済みの受講料の返還を請求する場合は、所定の手続が必要となります。また、@以外の受講料の返還に要する費用は、受講申込者の負担となります。

Q&A TOPへ
Q11 申込済みの受講日等を変更したいのだが、どうすればよいか。
A11  受講日又は受講会場の変更の希望については、次の「マンション管理士法定講習事務局」〔連絡先電話番号〕で担当者とご相談をお願いします。
 ただし、日程・会場の定員等の関係からご希望どおりの変更ができない場合もありますので、ご了承ください。
 また、年度をまたがっての変更はできませんのでご了承ください。
 ※マンション管理士法定講習事務局
 〔連絡先電話番号〕 03-3988-6467

Q&A TOPへ
Q12 管理士証の交付申請手続きの詳細は?
A12  当センターのホームページをご覧ください。
 「マンション管理士証」カード型の発行について(希望者・有料)
※「マンション管理士証」は、携帯用の証明書として、(公財)マンション管理センターにおいて、独自に発行しているものです。 

Q&A TOPへ
 
 
 
ページトップへ戻る

トップページマンション管理士関係Q&A > マンション管理士 法定講習関係

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン