マンション管理士とは?

マンション管理士とは?
マンション管理士とは、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録を受け、マンション管理士の名称を用いて、専門的知識をもって、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とする専門家です。
マンション管理士が必要な理由は?
マンションの管理を適正に行っていくためには、管理組合の運営、建物等の維持又は修繕等に関する専門的知識が必要となります。しかしながら、管理組合の構成員であるマンションの区分所有者等はこれらの専門的知識を十分に有していないことが多いことから、マンションの区分所有者等に対し、適正なアドバイスを行うことができる専門家が必要です。 マンション管理士制度は、平成13 年8 月に施行されたマンション管理適正化法において、国家資格として位置付けられています。
マンション管理士の業務は?
マンションの管理を適正に行っていくには、
@ 管理規約や使用細則等の建物等の管理又は使用に関する区分所有者相互間のルールの策定及び改定
A 長期修繕計画の策定及び見直し
B 区分所有者間のトラブルへの対処
 等が必要になりますが、マンション管理士は、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等からの相談に応じて、管理規約、使用細則、長期修繕計画等の素案の作成、区分所有者間のトラブル解決に向けての予備的交渉等を行います。これらの業務を行うことにより、マンション管理士が管理組合の運営を様々な形で支援することが期待されています。そのほか、大規模修繕工事の計画・実施、居住者の義務違反、管理費の滞納等へのアドバイスにも当たります。
マンション管理士と管理業務主任者との違いは?
マンション管理士は、専門的知識をもって、マンションの管理に関し、管理組合の代表者である管理者等又は管理組合の構成員である区分所有者等からの相談を受けて、助言、指導その他の援助を行うことを業務とする専門家です。つまり、マンション管理士は、管理組合の立場から、管理組合の運営等に関し、適切な助言等の支援を行うものです。 これに対し、管理業務主任者は、マンション管理業者の事務所ごとに置かれ、マンション管理業者が義務付けられた管理受託契約に係る重要事項の説明、管理事務の報告等の事務に当たるものであり、マンション管理業者が受託した管理業務の的確な実施を目的として設けられた資格者です。 したがって、両者の立場及び業務の内容は、性格を異にするものです。